Monthly Archives: 6月 2017

6歳のマミーたち

今日、保育園の短時間保育の会談がありました。生後10か月の長女と共に園内のパーティー客間もののところで保育士くんといったお話をしていると、6歳児のマミーたち数人が「何してるの?」って近寄ってきました。そうして、長女を見て「素晴らしい」「たくさんなの?」と言ってくれました。中には「一緒に遊びたい」と言っていただける乳幼児もいました。お姉ちゃんたちに囲まれて長女はキョトンとしていました。マミーは6年代として再びいまや小さい子の不便を見ようとするのだなあという感心しました。男児も通りかかりましたが、長女には興味を持たずに素通りでした。男児といったマミーでは人気の理由が違うということも一心に押さえる一大事でした。
夏になるとどうにも観たく罹る物品、それがビートたけしくんの「火薬田ドン」。
フジテレビの『27年月テレビジョン』でやっている、明石家さんまくんって中居正広くんがやる深夜の時間で登場する本質で、毎度すさまじい容積の火薬を通じて頂ける。世相文句もやって頂ける。何よりも、たけしくんが全体を通じて滅茶滅茶を通じてくれているところがうれしいだ。
さんまくんも、「終わりたらあかんで!」とたけしくんに頼んでいる。
『27年月テレビジョン』も多々文句が出ていますが、こういうコーナーだけでも、ぜひ続けてほしい。それがフジへの願いだ。

オーブンで夕飯を探るのにはまっています

電子オーブンで夕飯を調べるのにはまってある。根源を入れて焼くだけで楽だからというのもあるのですが、簡単な割合感覚が華やかなんですよね。野菜炒めを作り上げるよりも、チーズを乗っけてオーブンで焼いたほうが感覚が良くてテンションが上がります。今日の献立はナスとトマトのチーズ焼きだ。アンチョビが好きなのでアンチョビというニンニクといったバジルを入れました。そういったほったらかしレシピをこれからも潤沢作りたいだ。ただ、一部心残りのは電気代がなるということなんですよね。そこだけを除けば最高なのですが。それでも外食から短いから良しとしてある。
今日の天候見通しでサクラの開花見通しを言っていました。関東では素早くだと23普通で、鈍い辺りも31太陽には開花するとのことです。例年一般か、2、3太陽早くなるだろうとのことも言っていました。
私の住む県内では、10太陽位に入学等級を行う勉強がほとんどです。31太陽に開花するといった,入学等級に満開になっているか、散り始めになっている勉強があるようです。今年もいよいよ入学等級にサクラが咲いていらっしゃる状態にはなるようです。入学等級にサクラが咲いているのが新入生も好きされているようで良いと思います。ただこういう現在サクラが咲くのが早くなってあるような気がします。これも地球温暖化の感化なのでしょうか。

収集歓迎は威嚇ギブアップが端緒?

過日近くから聞いた話ですが、集めが道楽の人には起こる共通の精神が勤めるらしきのです。
その精神はいくつかあるようですが、わたくしが特に気になったのは「恐喝屈服が元凶」の保管病み付き。
本当は私も集め好きなのですが、こういう恐喝屈服というコピーには情緒ドキッとしました。
集めたい意志よりも「集めないといったいけない」という念願が凄いわたくしには、まさにピッタリな言葉だったのです。
よもや保管病み付きにそんな精神があるは思っていなかったので非常に驚きです。
何かを呼び寄せることは嬉しいですが、これからは気を付けて購入するようにしたいと思います。
乳児が生徒になり、カップル両人ライフスタイルだ。カップル両人になってからは、ワンデイ来訪も毎度お土産を買って来て頂ける。
前日は都内だったので、午前5季節発進でした。モーニングは前日のポテトサラダってバナナとして菓子パンとしてもらいました。
早起きしたので毎日が長く、10季節過ぎにどうにかダディーが帰宅しました。「お疲れさま~」って出迎えると、今日もお土産がありました。
鎌倉座という業者の「まあ抹茶」というスイーツでした。抹茶好物の私のために買ってきてくれたようです。夜更け遅かったけど、さっさと頂きました。
スフレという軟らかい織地に抹茶のクリームというあんこが入っていて、滅法美味しかっただ。

売り買いにお金をかけるようになった現象

消費は3つに隔てることができます。それは、出金、浪費、操作だ。出金は生きていく上で必要なものを買ったときの消費だ。浪費は単なる無駄遣いだ。そうして操作は本人を上げるための消費だ。自身は以前は浪費してばっかりでした。そのため、買ってから後悔することもたくさんありました。ただし現在は操作が多くなっています。によって際立つ自分になるために儲けを使います。消費は多くなってしまいますが、敢然と売り上げがあります。自身は今後も操作にお金をかけていきたいと思います。とにかく取り扱うなら、嬉しい儲けの用法をしたいですよね。
ライブラリーにマガジンを戻す日にちがあすに迫っていたので、今日の昼休みに返そうと思っていました。だが、仕事上のジャンクがあった結果、そのアフターケアで昼休みのほとんどがつぶれてしまい、マガジンを返しに行く間隔がありませんでした。がっかりした盛り上がりで、仕事帰りにスマホをいじっていたら、ライブラリーからのメイルが来ていて、予約したマガジンがライブラリーに届いたことがわかりました。もしも、昼休みにライブラリーにマガジンを返しをめぐっていたら、マガジンの返戻といった貸し付けで2回ライブラリーに行かないといったいけない場合でしたが、運よく、仕事帰りにライブラリーをめぐってマガジンの返戻って貸し付けを1回で済ますことができたので、今度はいやにありがたい意気込みになりました。