Monthly Archives: 3月 2017

「世界中猫駆け抜け」が大好き!

独身のところは、お家で猫を飼っていた僕は大の猫びいき、結婚した今も、猫を飼いたくてたまりません。
ただし、こんな僕はアレルギー保ち、診察の結果、猫の頭髪にも反応することが分かっています。
それもあって、ダディは猫を養うことは反比例、薬を飲んでいるから適切、と言っても聞いてくれません。
私のお家という郷里では、今でも飼い猫も自由にマンションを出入りしていますが、
運輸分量の多いゾーンでは純正内部飼いがお決まりのようになっています。
我が家の近くには、悠然とお散歩する猫のカタチもありません。
あんな僕にとりまして、BSで放送されている「世の中猫駆け抜け」は最高の癒しだ。
お好み焼きがタダにたべたくなって、キャベツ買いにいったら、あまりの総額の高さにひるみました。野菜全体的に高いですね。天候の影響などあるので仕方ないですが、、、。
仕方なく、我が家に残ってたニラで作りました。
これはお好み焼きではなく、チヂミ。
お好み焼き食べれなかったけど、結果的においしいチヂミが食べれたので良しってください。
少なく野菜安くならないかなー。
もおOK寒くなったので、鍋が食べたいのです。
のち、冬場は乾燥して間もなく流感退くからね。
ビタミンとらないと、あっという間に風邪ひきそうで、当惑。
野菜、速く安くなりますように。

今日は近所の山野に登ってきました

今日は近所の山野に登ってきました。山野といっても標高250mのちっちゃな山野なので、気軽にワンデイで出向ける程度のところです。カエデ等の紅葉が盛りになっていて至極美人でした。歩いた行き来にはブナの実がいっぱい。今年は全国的にブナの実が凶作という報せを近頃見かけたのですが、心から凶作なのかなって憂うほどどっさり落ちていました。お日様がな毎日、山の上でぼーっとしていようかとも思ったのですが、あいにくお昼過ぎからウエザーが陰ってきて寒くなってきたのでさっき帰省。山野での魅力を思い起こしながらコーヒーを飲んで一息いれます。
昨今、韓国の政界が激震していると言えます。かつてないような事象が起きたといっても過言ではないと思います。壮健の大統領が、国家秘匿のレターをひた隠し継続義務の弱い民間人様に漏洩したに関してが報道されています。就任直後の事象だったものが、空席任期1年頃というところでの文章だ。何だか韓国の大統領というのは、任期が少なくなってくると、何かスキャンダルが露呈決める。韓国大統領の任期は1期のみの5年頃だ。時間的にもかなり手狭感じで、業務を果たす必要があります。朴大統領はそこを変えたかったという文章もありましたが、今回の短所文章でどうなるのか気がかりです。国内の人気も2割合満たないそうで、また人気修復の為の反日信念を講じなければいいのですが。

視線の消耗が溜まってきました

日々端末といった直視のお仕事をしていると、視線が一気に疲れてしまいます。
今どき本格的に辛くなってきたので、試しにブルーライトカット眼鏡を買ってみました。
使ってみた雰囲気としては、随分楽になったのかもしれません。
でも慢性的に視線に疲れが溜まっているのかもちろん辛さは完全にはなくなりませんでした。
も、少しは効果があるようなのでこれからも続けてみます。
休日が取れたら、野生豊かな会社で緑を見ながら徐々に視線を休めたいだ。
こないだデートで悔しい思いをしたので 帰ってからパンにジャムを塗って食べようからには 一気に大きな毒蛾がパンの上に落ちてきたので そのパンを投げ捨てました。
但し抜群超えるタイミングで驚きました。
こないだ福山ターミナルから間近いファミマに長時間モデルを停められて 通せんぼマークされてましたが ごめん もうとめませんからと誤ったら 素直に許してくれました。
店員さんの優しさにサンキュー。
今、民家の状況を上ろうとしてたら兄が状況を降りようとしていて カウンターパンチうけた並みに思わず 大げさにのけぞったわたしは 片隅において絶対に面白取れたと思います。

脂性人肌の方がやってはいけない援助について

脂性スキンに耐える人で、とにかくしくじり易いのが皮脂の洗い流し人だ。「どんなに落としても湧き水の様に沸いて現れるあぶらに、手を変え品を変え負けじと皮脂を減らす。脂性スキンの原因が思春期のホルモン分散の不調による存在だったなら、頑張って落としている間に、いつしか落ち着いていたかもしれません。それでも、それはホルモン分散が落ち着いた結果であって、残念ながら頑張った実益ではないことを、知っておいてください。皮脂の分泌は、旦那ホルモンの効果を通じて推進されます。ホルモンの効果には感想というメカニクスがあり、過剰に分泌していても、それ以上にまめに落としていては、お肌を保護する皮脂が足りていない!として、一層過剰な分泌を招く場合があります。また、脂受けとり用紙などで浮いた皮脂を拭う状態、気持ちよく止めるだけでもお肌を覆ってある皮脂を丸ごと取れてしまうし、余計擦ったりしてしまうと毛孔の中に皮脂が入り込んだり、お肌を傷めたりしてよくありません。気になる場合は、ティッシュで早く切り詰める周辺にとどめたり、頻繁に拭う代わりに、食べ物や日課の見直しなど、間接的対策を施すことをおススメします。脂性肌のケアのポイントは、「皮脂を洗い流しすぎない」、「洗浄は手厚く」、「保湿は十分に」の3要所だ。過剰な皮脂は肌荒れの成分ですが、ある程度の皮脂は、お肌を保護するために必要な大切な根底だ。根気が要りますが、規格に脂を拭ったり、一日に何ども洗顔したりせず、幅広いハートです程度の皮脂は残すみたい心がけて下さい。そうして、それでは「過剰分泌された皮脂を賢く除去してお肌うわべの情況を適正に保つ」について、そこから別途、「皮脂の分泌を正常に戻し脂性スキンから別離講じる」というランクを踏んでお肌の情況を改善していきましょう。洗浄は、お肌に余計なダメージを与えないように兎に角やさしく行ないます。洗浄料金は、できれば洗浄力のしょうもない、刺激の少ないものを使うか、思い切って何も使わずに、ぬるま湯を使って手厚く流します。「スクラブ入り」や「ミント根底入」など使用後の特徴を売りにした洗浄料金も数多く、確かに何ら感じや洗った感じは大いに得られますが、お肌を傷つけたり力強い刺激を与えてしまいよくありません。毛孔の黒ずみや停滞が厳しい場合はまず徹底的に洗っても良いと思いますが、その場合もゴシゴシ洗浄はご法度ですから、腹いっぱい立てた泡で丁寧に手厚く洗ってください。そうして、忘れてはならないのが洗浄後は保湿だ。油分の少ないものがよいですが、アルコールの入ったものは水分が失われてしまう結果避けたほうが無難です。脂性スキンは、ヘルプを誤ると様々な肌荒れを招く他、乾燥肌やセンシティブスキンとも隣り合わせだということを念頭に置いて、手厚くケアしていきましょう。
年中無休で食生活によっていますが、秋は殊更食欲の秋♪
翌朝に採り入れるトーストをどうしてアレンジするか考えて寝入るのが幸せな日数だ。
現在特別はまっているトーストはネット上で「ラピュタパン」と呼ばれているものです。
食パンのふちにマヨネーズをぐるっと一周、まん中に卵を落として、とろけるチーズを乗せてこんがり焼きます。
卵の半熟がトロッというトーストに絡んで、マヨネーズのしょっぱさと合います♪
愛らしいコネクションもマヨネーズを使います!
マヨネーズを塗った食パンに、砂糖って母乳って蜂蜜を塗ってからトースト行う。(集大成同数量で良好)
キャラメルという、少し甘じょっぱいような、たまらない味わいで無限に食べられてしまいそうです。
さて、あしたはいかなるトーストを食べようかな。